東京で人気の納骨堂について

subpage1

少子化、核家族化、簡素化の現代お墓の在り方についても納骨堂の人気が上がってきています。納骨堂とは、代々の先祖から伝わる墓石のあるお墓ではなく、室内に遺骨を納める形のお墓です。

東京の永代供養墓の情報サイトです。

納骨堂の種類はいくつかありますが大きく分けると、個別に仏壇がありお花などお供えが出来る仏壇型、骨壺をロッカー式の収納に納めるロッカー型、タッチパネルを操作して遺骨が自動的にお参りスペースに運ばれてくるコンピューター制御型です。それぞれの良さや特徴が自分の希望や遺族の希望に合っている形式を選ぶことが大切です。

納骨堂の良さは、室内であるために常に清潔が保たれること、立地が良いところに建てられていることが多いこと、天候や気温に関わらずにお参りができること、宗教宗派関係なく入ることが出来る、永代供養が出来ることで継承者問題や子や孫に負担をかけなくて済むことなどがあります。
そしてこの形態が東京でとても人気になっています。

日本経済新聞の情報も多数ご用意しました。

代々のお墓が遠方にある方や、仕事場や生活の場であった愛着ある東京で永遠の眠りをしたい、家族がお参りしやすい環境にあることが東京の納骨堂を希望する方が多くなっている現状があるのです。



現代の風潮にマッチしたこのお墓の形態は全国的にも広がりを見せ、多くの人の注目を浴びています。自分の死後に入るこのような形式のお墓を生前に調べて見学して納得した形で準備しておく方も少なくありません。今後益々のニーズがあるはずです。

マナーについての考察

subpage2

東京は、日本で最も人口が集中している為、高度成長期より数十年にわたり慢性的な墓地不足が社会問題とされて来ましたが、団塊の世代が定年を迎える現在では集団就職に始まる地方都市の過疎が深刻化し、墓じまいの急増など墓制の維持が非常に大きな問題とされています。又、急速な仏教離れにより地方の寺院の継続が難しく、墓を継承する意思があっても墓を継承出来ない事態も発生しており、年間死者数が160万人を超えると予想される2040年には全国の寺院の約40%が閉鎖の危機に瀕しているとされています。...

next

知りたい情報

subpage3

東京は、高度経済成長期より慢性的な墓地不足が大きな社会問題となっており、公営の霊園だけでは圧倒的に絶対数が不足している為、民間の宗教法人が運営する霊園や隣接する都道県の霊園に依存しているのが現状です。更に東京では、少子高齢化に起因する核家族化や人口集中などにより墓継承問題があり、次世代への負担軽減や墓じまいの改葬先として永代供養墓の需要が高まっています。...

next

よく解る情報

subpage4

東京都では、今後20年以上にわたり年間死者数が増加し続けるとされ、更に墓地の不足や墓地の高騰が大きな社会問題となっていくと推測されています。又、東京では、故郷の先祖代々の墓を墓じまいし、現在の住まいの周辺に改葬を検討している地方出身者も多くいます。...

next

マナーのテクニック

subpage5

単身世帯の増加や、核家族化、高齢者世帯の増加などが原因で、自分が死んだあとでお墓を守っていくことが困難になっている人たちが、新宿でも増加しています。子供たちがいても娘ばかりでもうすでに全部嫁に出してしまっているとか、子供たちは別の地域で世帯を持っていて、お墓の管理をすることが困難だとか、親世代のほうでも自分が死んだあとで子供たちにお墓の管理で、迷惑をかけたくないと考えている人も新宿では多くなっています。...

next